2014
06.03

「沈黙の愛情」②/②

Category: 未分類
3224131902_b5e271ffdf.jpg

 想像ではありますが、筆者は、生きとし生けるものの「いのち」を総称して、「その人」と呼んでいるのではないかと思うのです。見えない、聞こえない、香りもない、味もない、触れることもできないものではありますが、確かにあるのが「いのち」です。筆者は、それを「その人」と呼び、沈黙の愛情の提供者としたのではないでしょうか。
 「その人」の前では、すべてのものが平等です。一切の区別も差別はありません。いわゆる自他一如です。
 桜の季節はとうに終わりましたが、ハナミズキ、ハナショウブ、アジサイ、ヒマワリ、サルスベリ、キク、サザンカ、ツバキなど、常動する季節とともに咲き誇る花の種類は実に多様です。しかし、それがどのような花であっても、そこに沈黙の愛情をもって花を咲かせる、「その人」の存在を感じ取ることができたなら、何とも頼もしい気持ちが込み上げてきて、心がほっこりとしてくるのではないでしょうか。
 まどみちお氏の詩の中に、「ほめてあげられたらなあ さくらのことばで」というたいへん魅力的な一節がありました。花に言葉があるのか、耳があるのか、感情があるのかなどと言う人があるなら、それは野暮というものでしょう。
 自他一如の世界に入るなら、褒める私たちと、褒められる花の間に垣根はありません。私たちが咲き誇る花々に心を寄せ、「その人」が提供する沈黙の愛情を全身で感じ取っているとき、それが花々を褒めているときではないでしょうか。そして、そのときが「いつも楽しい花見の真っ只中」なのだと思うのです。
 季節毎に咲き誇る花々に触れたとき、沈黙の愛情を提供する、「その人」の存在に想いを致す心のゆとりを持ちたいものだと思うのです。(〆)

IMG_8917.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

次回は「Bad news is good news」を掲載(7回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。
スポンサーサイト
Comment:8  Trackback:0
2014
06.07

「Bad news is good news!」①/⑦

Category: 未分類
1img_8220.jpg

 新聞を見てもテレビを観ても、暗いニュースが多いのに閉口しているのは、私だけではないと思います。なぜ、こんなに暗いニュースが多いのでしょう。日本は(世界にも共通するかも知れませんが)いつのころからこんな住みにくい国になってしまったのでしょう。こうも暗いニュースばかり流れると、日本の国が、ますます暗く、住みにくい国になるのではとの思いが募ります。いえ、わたしのような古い人間は、昨今の日本は、ずいぶん暗く、住みにくい国なったようにも思うのです。
 ただし、マスコミ関係者の中では、次のような格言があると聞いたことがあります。曰く“Bad  news  is  good  news”(バッド ニュース イズ グッド ニュース)と。
 まるで禅問答のような言葉ですが、主語を補えばすぐに理解できると思います。つまり、「一般の人」にとって悪いニュースも、「マスコミ関係者」にとっては、いいニュースであるということです。言うまでもないことですが、マスコミにとっていいニュースとは、視聴者の関心が集まり、よく売れるニュースであるということです。悪いニュースほど、視聴者の関心が高く、よく売れるから、いいニュースであるというわけです。そこで、“Bad  news  is  good  news”ということになるわけです。
 では、いいニュースはどのように喩えられているのでしょう。読者の皆さんは、どのような喩えを想像されるでしょうか。
 “Good  news  is  ? (以下②/⑦へつづく) 
 
IMG_9069.jpg
※クリックすると拡大して見られます。
Comment:7  Trackback:0
2014
06.11

「Bad news is good news!」②/⑦

Category: 未分類
   2mainphoto.jpg 

 “Good  news  is  no  news”(グッドニュース イズ ノウ ニュース)これが、その答えです。いいニュースを載せても、世間の関心は集まらず、金にならないから“ニュースにならない”ということなのでしょう。
 「人の噂は蜜の味」という言葉もあります。なぜか人間は、悪い噂に敏感で、他人の不幸をおもしろがったり、喜んだりする傾向があるものです。たいへん厄介な癖の一つと言えるでしょう。
 話は少し逸れますが、「主語がメディアを変えていく」と題した論説で、森田達也氏(作家・映画監督)が、次のように述べていたことを思い出しました。
 「ジャーナリストや報道に携わる人間は、主観からは決して逃れられないと自覚しながら、中立を模索する必要がある。時として、人は絶対的な中立公正など存在しないということを忘れ、あたかも自分が絶対的な正義であると勘違いしてしまう。」 
  私たちがマスコミの報道に接するときには、常にこのことを肝に銘じなければいけないのだと思います。

 ところで、人間の悪い癖はと言えば、やっかみ、嫉妬心もその一つではないでしょうか。「隣の家に倉が建つと腹が立つ」という諺もあるように、他人の幸せを羨み逆に憎々しくさえ思うことがあります。なんともおぞましいことなのですが、人間の心には間違いなく、こんな一面もあります。
 ところが、いつも言うように、仏教では、このような負の心の働きは、人間本来のものではないとされます。山田無文老師は、次のように語っています。
 「お互い(人間)の心の本質というものには、本来、非はない。一念の非もない。一念の乱れもない。一念の間違った考えもない」と。
 仏教によれば、生まれたままの心は、誰もが清浄無垢できれいな心であり、負の心(煩悩)は後から加わったものであるということです。つまり、煩悩というのは、人間本来の「清浄な心」に対して、あくまでも「仮の心」であるということです。私は、この教えにいつも救われるのです。(以下③/⑦へつづく)

IMG_3345.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:4  Trackback:0
2014
06.15

「Bad news is good news!」③/⑦

Category: 未分類
3img_1479963_65907396_0.png

 仏教では、仏教徒がしてはならない行為をまとめて「十悪じゅうあくと呼んでいます。人間が自らの“身・口・心”によってなす十の悪行のことです。その中で、“心”によって行われる三つの悪行が、①貪むさぼること、②瞋いかること、③愚かさを露呈することとされます。いわゆる貪・瞋・痴とん・じん・ち)の三毒です。先に挙げた人間の悪い癖こそは、に含まれるのでしょう。道徳性や品性を欠く、およそ人間らしくない行為とでも言ったら分かりやすいのかもしれません。
 仏教では、煩悩の炎を消すことが菩提(悟り)への道に通じると言います。ところが、一方で、「煩悩無尽誓願断ぼんのうむじんせいがんだんとも迫るように、人間の煩悩は無尽蔵であることを認めています。また、一方で煩悩は人間の生命力と表裏一体の関係にあるとも言います。 思えば、たいへん矛盾した言い様ではあります。その意味では、私たちができることはと言えば、煩悩の火に、それ以上の薪をくべないことくらいしかないことになります。
 具体的には、どうすることなのでしょう?以下は、いつものように独りよがりな私見です。
 元来、人間と宇宙とは一体のものです。と言うよりも、宇宙は全部一続きであり、人間、あるいは「わたし」や「あなた」などという個別なものは存在しません(本ブログ「『答えない』と言う答え」を参照 2013.10.24~11.9)。ところが、「わたし」という意識が生じたその瞬間から、主観と客観が分かれ、「わたし」と「あなた」が対立する世界、つまり相対世界に入り込むことになります。
 言うまでもなく、「あなた」というのは、人間だけのことではありません。動物や植物、山や川など、自然界にある全てのものが「あなた」です。そして、これらを自分たちに都合よく利用しようとしてきたのが、人間の有り様です。(以下④/⑦へつづく) 

IMG_3316.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:9  Trackback:0
2014
06.19

「Bad news is good news!」④/⑦

Category: 未分類
4img2fe3a9bdzikezj.jpg

 ところが、相対世界の中にあっては、「あなた」は、いつも「わたし」の思うようにあるわけではありません。いえ、現実には意に添わない場合の方が多いのだと思います。これが、貪りや怒り、不平や不満、嫉妬のもととなり、結果として果てしない迷路に陥ることになるのでしょう。煩悩の火が燃え盛ることにより、進むべき道が分からなくなるのだと思います。
 相対世界の中で生きていることに起因する煩悩の表れの一つが嫉妬心であり、その裏返しが優越心なのだと思います。

 そこで、火力を弱める方法です。
 それは、相対世界の中にあって、「万物と我と一体」「天地と我と同根」、つまり絶対世界を感得すること以外にないのではないでしょうか?
 私見ではありますが、禅の公案(禅問答)というのは、そのために考案された一つの手段だと思うのです。
 相対世界にいる私たちを絶対世界に誘ってくれるのが公案です。本ブログでも、「隻手の音声」をはじめいくつか紹介してきましたが、今回は、その極めつけとも思われる一つを紹介したいと思います。
 唐の時代に活躍した香巌(きょうげん)禅師にまつわる話です。香巌禅師が、師から与えられた公案は「父母未生以前本来面目(ぶもみしょういぜんのほんらいのめんもく)を問うものでした。生まれる前の自分自身とは何かという問いかけです。
 念のために補説しますが、自分が生まれる前のことではありません。自分の父や母が生まれる前の自分自身とは何かを問われたのです。驚くべき問いだと思います。とりつく島もないというのは、このようなことを言うのではないでしょうか。(以下⑤/⑦へつづく) 


公案
  禅宗(特に臨済宗)において修行者が悟りを開くための課題として師家(師匠)から与えられる問題のこと。臨済宗にあっては、公案を介した師家と修行者とのやりとり、いわゆる「禅問答」が、重要な修行の一つとされる。

IMG_0002.jpg  
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:8  Trackback:0
2014
06.23

「Bad news is good news!」⑤/⑦

Category: 未分類
5 1920Bamboo_1004

 俊才の評判高き香巌禅師ではありましたが、当然のことながら戸惑い、悩みます。あれこれ考えては師に答えを披れきするのですが、どれも許されません。年月は過ぎ、失意の極に至ります。 
 自らの愚鈍さに失望した香巌禅師は、やがて師のもとを去り、かつて慕った師匠(慧忠禅師)の墓守りをして過ごすことを決意します。その墓守りの生活は何年も続きました。しかし、その間も、師から与えられた問い「父母未生以前本来面目」は一時も頭を離れることはありません。
 そんな毎日を続けていたある日のことです。掃き集めた落ち葉を竹藪に捨てたところ、そのごみの中に小石が混じっていたのか、これが竹に当たってカーンという音がします。その音は、静寂の山の墓地に大きく響きます。その途端、香巌禅師はハッとして、この問いに対する解答を得ることができたというのです。禅門叩いて十数年、初めて味わう大悟の喜びだったと言います。
 禅では「不立文字ふりゅうもんじ)」という言葉が大切にされます。これは、言葉や文字、さらには知識や論理に頼っていては悟りを得られず、そればかりか、むしろ邪魔になるということを述べたものです。その意味では、香巌禅師は、図らずもまさに身をもって、それを体験したわけです。
 後に、香巌禅師は、次のように語っています。
 「千尺の崖の上で木の枝を口にくわえ、手足をすべて放して口だけでぶら下がっている時、仏法の極意を尋ねる人があったらどう答えるか。口を開けばたちまち墜落して喪身失命し、答えなければ不親切である。さあ、どうする。口を開かなくても仏法の極意を伝えることはできるはずだ」と。(無門関第5則から)
 香巌禅師が最終的にたどり着いた境地、それこそは、「『答え』」のない答え」とも言うべきものなのでしょう。教えられて分かるものではありません。伝えられて得られるものでもありません。その人だけが感得できる境地であり、私のような凡人にはとてもうかがい知ることのできない世界だろうと思います。
 それこそは、「万物と我と一体」「天地と我と同根」という絶対的な境地なのでしょう。(以下⑥/⑦へつづく) 

IMG_0011.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:8  Trackback:0
2014
06.27

「Bad news is good news!」⑥/⑦

Category: 未分類
7take.jpg  

 ただ、こんなことを言うと、「それでは、凡人は救われないのか?」「大乗仏教というのは、すべての人を救うことを標榜して誕生してきた仏教ではなかったのか?」という声が聞こえてきそうです。その疑問はよく理解できます。
 それに対して、私は次のように考えています。
 公案の解答を求めて一心に取り組んでいるとき、少なくとも私たちの煩悩はその火力を落としている…。公案に挑んでいるとき、私たちは煩悩から解放されている…。なぜなら、私たちが公案の解答を求めることに何の得もないからです。また、万が一、正答を得られたとしても、何の見返りもないからです。

 どの公案にも共通するテーマは、「わたし」も「あなた」も根源的には一つであるということです。どの公案もその真実に目を開かせる手だてなのだと思います。
 得もなく、見返りもない課題に挑んでいるとき、私たちは、「わたし」を忘れているはずです。また、それに対立する「あなた」も念頭にないはずです。「わたし」を忘れることで、曲がりなりにでも、絶対世界に近づけるチャンスを得られるのではないでしょうか。
 私たちは、相対世界の中で生きています。“Bad  news”もあれば“Good  news”もあります。その意味では、“Bad  news  is  good  news”、“Good  news  is  no  news”というマスコミ関係者の見方もあるのかも知れません。
 しかし、禅問答が誘う絶対世界の真実から見れば、「わたし」も「あなた」も一切の区別はありません。何の対立もありません。「良い」も「悪い」も本来はないはずです。
 その真実に足場を置くなら、悪いニュースにしても、良いニュースにしても、私たちは全く別の見方ができるのではないでしょうか。(以下⑦/⑦へつづく)

IMG_0016.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:3  Trackback:0
back-to-top